わよるにっき

生活の切り貼りです

この内容で972円!2017年は歴史手帳でインテリぶれます

f:id:wayorudays:20170607091832j:plain

 こんにちは、わよる(@wayorudays)です。 そろそろ新年も近いので、時期的にいいんじゃないかな~と手帳の話。

なかなか面白いものを見つけましたので、ふだん手帳を使う人もそうでない人も、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

この記事を一言であらわすと

吉川弘文館から出ている「歴史手帳」は文系の知識がぎっしり詰まっている!歴史の資料集みたいで知的好奇心をくすぐられるよ!

歴史手帳とは

歴史手帳は、吉川弘文館から発行されている12月はじまり、12月おわりの手帳です。

名前の通り、歴史に関する資料が載っています。手帳として使えるのはもちろん、資料集としても凄い情報量です。

というか手帳の半分くらい(166ページ)はデータなので、手帳なのか資料集なのか分からないくらい。

そもそも発行元の吉川弘文館安政4年創業という老舗企業。出版物も歴史・古代関係を中心にしているというマニアックというかストイックというか…本業なんだな、と思わされます。

歴史に精通した企業が真面目に作った手帳、それが歴史手帳。

載っている資料を一部紹介

なにせ項目の数が膨大なので、いくつかピックアップしてご紹介します。

干支表

f:id:wayorudays:20170607091907j:plain

表紙をめくってすぐに干支表。

干支と言っても十二支だけではありません。甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)など十干十二支として載っています。2017年は丁酉(ひのととり)だそうです。

普段意識するのは十二支ですが、もともとは60週でカウントする十干十二支が暦として用いられていたそうです。

四柱推命にも使うらしい…けど私はさっぱりわかりません。わからないけどワクワクする!

日本歴代天皇

f:id:wayorudays:20170607091924j:plain

 歴代の天皇がすべて書いてあります。もはや習った覚えもない。33代推古天皇からは在位期間も載ります。

今上(平成)天皇は125代目なんですね。果てしない日本の歴史を感じます。

日本歴代内閣総理大臣

f:id:wayorudays:20170607091943j:plain

 こちらは内閣総理大臣の一覧。伊藤博文大隈重信ら著名人の名前、授業では取り上げられなかったような名前も並びます。

2017年版では97代総理の安倍晋三首相までが載ってます。

国宝、史跡一覧

f:id:wayorudays:20170607091957j:plain

日本全国の国宝、史跡がリストアップされています。

北は北海道、南は沖縄まで。こんなに歴史的価値のある場所があるなんて驚きです。ちょっとした観光マップ的にも使えます。

博物館や美術館といった文化施設も、全国版で載ってます。

仏像の部分名称

f:id:wayorudays:20170607092015j:plain

個人的にはこのへんの図がついた解説がたまらないです。絵描きさんの資料にも最高じゃないか。

まず仏像の解説があるんですよ、仏像の細かなデザインにも意味があって名前がある。

これを知っているのと知らないのとでは、鑑賞・表現の説得力がダンチでしょう。テンション上がりまくり。 ふくよかなほっぺにも意味があるなんて知りませんでしたよ。

獅子頬相、獅子王のようなほっぺ。仏像をつくる、描くときのルールのようなものの1つなんですと。

仏像系だけでも、弥勒菩薩阿弥陀如来不動明王などの図や、手の形(印契)の表しかたなどが載っています。ディープです。

紋章

f:id:wayorudays:20170607092042j:plain

紋章、家紋です。好きな人はすごくハマるやつ。デザインの秀逸さに見とれます。

好きな武将とか、ご先祖とか、家紋にふれる機会は意外とありますよね。

徳川の葵の紋や、伊達家の竹に飛雀、真田六文銭などメジャーどころはカバーされてます。

家紋のために一冊資料を買わなくてもいいんじゃない?と思えるほど。

武将つながりでいくと、鎧兜のデザイン・名称、刀の部位名称などもあります。名称が載っているのは大きいですよ、名前がわかれば検索して調べられますから。

手帳としての機能

普通です。普通の手帳としてなんら問題ないです。

最初に2017年の12ヶ月カレンダー(1ページ)があり、次に2016年12月~2017年12月の月間見開きカレンダー。その後に週間カレンダーとなっています。

週間カレンダーは左ページに1週間の日付、右ページがメモ欄になっており、日記や覚書の用途に十分だと言えます。

カレンダーのあとには、何もないまっさらなメモ欄ページも数枚挟まれているので、日にちと関係なく残したいことに使えますね。オールマイティなページ。

最初にも言いましたが、いい意味で普通だと思います。資料ページが良くても手帳として使いづらければ持ち歩きませんから。

まとめ

この記事で紹介した資料の内容はごくごく一部です。

世界史と日本史を並べた年表とか、鳥居の種類とか、ここまでするか!ってほど専門的なんです。

教職やジャーナリストの方も好んで使っているというのもうなずけます。で、私みたいなミーハー…にも知的好奇心を満たしてくれる。

ちょっと賢くなったような気になる(笑) 一冊これを持ち歩けば、暇な時にペラペラめくるだけで情報が入ってくる!すごい!

そしてですね…タイトルのとおり価格にびっくりです!このボリュームで900円+税なんですよ。

なんて良心的なんでしょう。1,500円はするかと思ったら1,000円切ってくるんだもの。

歴史手帳、ほんとにおすすめできる手帳です。書店で見かけたらぜひ中を見てみてください、圧倒されますよ。